【彩 食 健 美】

美容・健康・食事・ダイエットにこだわったアイデアと情報や豆知識をお届け致します。学びの場では豊富な経験や実績と教養を基にPC系や英会話、他、講座を設けさせていただきます。、音楽や写真などの癒しの時間、ショッピングモール、日々の出来事を綴ったエッセイもお楽しみ下さい。

タグ:ビタミンB1

こんばんは

今日は、豚の角煮を作りました爆  笑

 
角煮

材料: 

豚バラブロック、水、コーラ(カロリーゼロ)、めんつゆ(少々)、塩(少々)、醤油(適量)、ニンニク(チューブ)(小さじ1)、おろしショウガ(大さじ1)、米油(少々)

 

作り方: 

フライパンに油を熱し、豚バラブロックを10cmの長さに切って六面を焼き鍋に入れ、水とコーラ(水3:コーラ1)と調味料で充分煮る(弱火で1時間)。

 

豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされています

夏バテにも良いそうですグラサン



    
人気ブログランキング

夏にぴったりの涼しげな和のア・ラ・カルトを紹介します。

(和・ラ・カルトは、アラカルトの彩沙可のもじり案でございますウインク)


DSCF0976

メニューは、厚切りの豚ロースかつ、キャベツと玉ねぎ、きゅうりの千切りにポテトサラダを添えて・冷奴・三色そーめん大根おろし添え、椎茸を入れたつゆ・もずく

です。

冷奴の下に敷いてある葉はサンショウの葉です。

椎茸を入れたつゆ

材料:生椎茸、めんつゆ

作り方:
生椎茸は2時間くらい天日干ししたものを適当に切って、水とめんつゆを入れて煮る。
それがつけだれです。

三色そーめん

材料:そうめん

作り方:
そうめんはお好みの硬さに茹で、冷水にとってよく洗い、器に盛る。




キラキラ豚肉は、肉類でもビタミンB1、B2などを特に多く含むため、スタミナ補給には不可欠な食材であるといわれています。ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝を助ける働きがあるため、夏バテ予防に良いとされています。

ビタミンB1の作用により、疲労回復や老化防止効果があるといわれています。

 

 キラキラキャベツには、胃潰瘍の予防や改善に有効なビタミンUの他、美肌作りに役立つビタミンC、健康な骨を形成するビタミンKも豊富に含まれています。

また、夏バテの原因である食欲不振による胃腸の不調を整えて、食欲を増進させる効果もあるといされているので、スタミナアップになると言われています。

 

キラキラ玉ねぎには、玉ねぎ含まれる香り成分の硫化アリル(アリシン)はビタミンB1と結合することでブドウ糖のエネルギー変換と疲労物質の代謝を促進させ、疲労回復効果がアップするそうです。外皮にはポリフェノールのケルセチンが含まれています。

 

キラキラきゅうりは、カリウムと利尿効果の高い成分を含んでいるので、むくみをとる作用があります。その他に、体を冷やす作用があるので、暑気あたりの解消にも効果的とされています。

また、きゅうりにはビタミンCとビタミンB1が含まれているので、疲労回復に効果があるといわれています。

 

キラキラじゃがいものビタミンCはでんぷんにカバーされ加熱しても壊れにくく、豊富に含まれています。また、ビタミンB1も多いので、神経や筋肉の疲れを緩和し、疲労物質が体内に蓄積するのを防ぐのに良いそうです。

 

キラキラ人参には、βカロテンを豊富に含み、免疫力アップや老化防止に役立つそうです。

また、人体の粘膜や皮膚の保護、免疫機能の維持、視力を維持するために必要不可欠な成分でもあります。

 

キラキラ豆腐に含まれる、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、お肌の保湿や新陳代謝を促します。

大豆サポニンには、血管内にできる「血栓」を抑制する作用があるので、動脈硬化予防になるそうです。また、コレステロール値を下げる働きがあるので肥満予防にも役立つとされています。

レシチンは、神経細胞を活性化させ、自律神経失調症、不眠症、神経衰弱、精力減退などを予防しまた回復する作用があるといわれています。また、高血圧、貧血、肝臓病、腎臓病、糖尿病、心臓病などの疾患の予防に効果があるとされています。

 

キラキラミョウガには、香り成分に消化促進や発汗作用、眠気覚ましといった効果があります。赤い色素成分であり、目の働きを助けるほか、インフルエンザウイルスなど、体内で悪い働きをする細胞を抑制する作用があるアントシアニンも含まれています。

 

キラキラ紫蘇に含まれる、香り成分のペリルアルデヒドには、抗菌、防腐作用の他、胃液の分泌を促進させて食欲を増進させる効果があるといわれています。

 

キラキラねぎは、香り成分の硫化アリル(アリシン)はビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がアップするそうです。

緑色の部分にはβカロテン、カルシウム、びたみんK、葉酸などが含まれています。

 

キラキラわかめは、代謝を活発にするヨウ素が豊富です。ぬめり成分であるアルギニン酸やフコイダンは食物繊維の一種で、血圧やコレステロール値の調整に役立ちます。

 

キラキラ大根には、胃腸の機能を高める消化酵素であるジアスターゼが含まれ、疲れ気味で胃腸の不調を調える作用があるそうです。
また、大根のイソチオシアネートという辛み成分である物質は、胃液の分泌を促進させる作用がある他、がん予防作用があるといわれています。

 

キラキラもずくには、腸内環境を整える効果があるといわれています。

これは、もずくに含まれる食物繊維が善玉菌の栄養になり、腸の運動を整える為です。その他、高血圧予防や中性脂肪値を下げる働用もあります。

 

キラキラそうめんは、白米より、低カロリーで、微量ながら、ビタミンとミネラルが含まれているといわれています。

 

今回のハイライト 椎茸

 

宝石赤椎茸は、ガンの抑制に有効なβグルカン、コレステロール値を低下させるエリタデニン、紫外線に当たると、カルシウムの吸収を促進するビタミンDに変わるエルゴステロールなど、注目の成分が豊富に含まれています。

椎茸は、天気の良い日にザルに並べ、数時間日光に当てるだけで、香りも旨味も、栄養価もアップします。水分が減ってしんなりした程度で充分であり、乾物のようにする必要はありません。干し椎茸は、火の通りが早く、味が浸みこみやすくなり、歯ごたえはしっかり残るという長所があります。



     
人気ブログランキング

↑このページのトップヘ