みなさん、こんばんは

今夜は、だまし料理 彩沙可【エンタメ餃子】のご紹介です。
この一品は、ツイートのフォロアーである

どーめいhttps://twitter.com/kititora620?lang=jaさんのだまし絵から、思いついた料理なんです。
「ただの餃子じゃないか~」て思うかもしれませんが、中身が違います
具沢山の炒めごはんなんです。それを醤油、酢、ラー油のたれをつけて頂きます。

【エンタメ餃子】と名付けたのは、エンは、円←お金の円ではありません。とがった角のない
という意味を表します。縁は皆さまとのご縁です。
私のツイートは、私が具合の悪い時でもフォロアーさん達が動かして守って下さる、
支え合った、協力し合った、温かく、思いやりのある優しい、楽しい、そういう場所なのです。
みんなのコミュニケーションを表した、私、彩沙可の思いの入った餃子でもあるのです。
それぞれ別の個性と良さをもつ具材が醸し出す深い味わいをお楽しみください。
そういう訳ですので、この一品にたとえば商品登録したり特許を取ったりして独り占めをする
ような事は絶対にしないでくださいね。みんなの一品です。ご家庭やお店などで【エンタメ餃子】をお楽しみいただけるととても嬉しいです



エンタメ餃子007

【作り方】

材料:餃子の皮、

①ご飯、チャーシュー、椎茸、人参、玉ねぎ、生姜、ニンニク、ニラ、たまご

②豆腐、挽き肉、筍水煮、ニラ、生姜、ニンニク、ねぎ、片栗粉少々 
①②共に細かく刻んでおく(たまごはのぞく)
豆腐(1/4丁)はあらかじめ水を切っておく
1、フライパンに①のニラとたまごを除いた材料を炒めます。味付けはガラスープの素と醤油。

できたら器に入れておく。

2、次は②の具材をボールに入れてかき混ぜておきます。片栗粉がつなぎの役割をします。
①から餃子の皮に包みますが、その前に、つなぎの生卵1個を入れて軽く混ぜてください。

①②共に餃子の皮に包んだら、フライパンで焼いてください。
フライパンに油をひいて包んだ餃子を並べて強火で湯呑み1杯程度の水を入れてから
蓋をします。水分が無くなったら胡麻油(ない時は普通の油)を薄く引ける様な感じの量を
入れてちょうど良いこげ色がつくように揚げる感じで仕上げます。

具沢山のごはん入りと豆腐メインの2種類の餃子が出来上がりました
酢(またはレモン)、醤油、ラー油をつけて、お召し上がりください。

画像の左隣は、余った具材を合わせて炒め合わせた「ほろほろ炒飯」の出来上がりです。
胃もたれの無いように、パイナップルを添えてみるといいですね。

但し、パイナップルアレルギーの人もいますので、別盛りがいいです。
ごはんの方には、この他、高菜や野沢菜などの漬け物を混ぜてもおいしいですよ

 パイナップルは、タンパク質分解酵素を含んでいるので、食後に食べると、胃もたれ予防になります。その他、疲労回復に効果のある、クエン酸、ビタミンB1、ビタミンCを多く含んでいます。
また、便秘の予防に役立つとされる食物繊維も豊富に含んでいます。
腸内をきれいにすることは美容にも良いそうです



   
人気ブログランキング