【彩 食 健 美】

美容・健康・食事・ダイエットにこだわったアイデアと情報や豆知識をお届け致します。学びの場では豊富な経験や実績と教養を基にPC系や英会話、他、講座を設けさせていただきます。、音楽や写真などの癒しの時間、ショッピングモール、日々の出来事を綴ったエッセイもお楽しみ下さい。

タグ:アンチエイジング

こんばんは月

今日は、仙台麩の卵とじ丼を紹介しますかつ丼 ピグ
仙台麩の卵とじドン

材料:

仙台麩、牡蠣、舞茸、玉ねぎ、春菊、玉子、めんつゆ、水

 

作り方:

1鍋に水とめんつゆを入れて、火にかけ、濃いめの味にして舞茸、玉ねぎを適当に切って、洗った牡蠣、仙台麩を入れて煮る。

2煮えたら、適当に切った春菊をちらし、溶き卵でとじる。

3出来上がりスター

 

鳥の羽根ONE POINT

玉子は半熟にすると美味!

 

うさぎ仙台麩は、高タンパクで低脂肪であり、ミネラルやビタミンも豊富です。

タンパク質は筋肉や臓器の構成成分であり、体を作る上で必要不可欠な栄養素です。

ビタミンはタンパク質の働きをスムーズにするための潤滑油となります。

ミネラルは骨や歯の構成成分ですが、ビタミン同様、潤滑油の働きも持ちます麩

 

うさぎ牡蠣は、新陳代謝の促進や、味覚を正常に保つ作用がある亜鉛を豊富に含んでいます。

また、鉄分、銅、ビタミンB12などのミネラル類、ビタミン類を豊富に含みます。

鉄分、銅、ビタミンB12はいずれも貧血の予防の作用があります牡蠣

 

うさぎ舞茸に含まれるエルゴステロールは紫外線に当たるとビタミンDに変化し、カルシウムとリンの吸収を促進させ、骨や歯を丈夫にする作用があるといわれています。

また、舞茸特有の成分であるMDフラクション(舞茸のβグルカン)には免疫を高め、ガンの拡大を抑える作用があるといわれています舞茸フレーク

 

うさぎ玉ねぎに含まれる、香り成分の硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がアップします。

外皮にはポリフェノールの一種であるケルセチンが含まれ、アンチエイジングに役立つそうです玉ねぎ

 

うさぎ春菊は、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、鉄、カリウムなどが含まれています。

独特の香りには、消化促進作用もあるそうです春菊

 

うさぎ玉子は、ビタミンCを除く完全食品と言われる優れものなのです。
皮膚、血管、筋肉を強くするアミノ酸や脳細胞を活発にするミネラル成分、

老化予防や代謝機能をUPする酵素も含まれているそうです生まれたてのひよこ



人気ブログランキング      

こんばんは月

今日は、フレンチディナーを紹介しますニコニコ
30

sssメニューは左から、うずら卵の燻製と一口チーズヨーグルト、秋鮭のムース詰めレモンバターソース、レタスと生ハム、ベーグル

デザートは梨と柿

です!

 

シェフ秋鮭のムース詰めレモンバターソース】

材料:

鮭の切り身、鱈のすり身、人参、マッシュルーム、ほうれん草、バター、マジックソルト、生クリーム、ブイヨン(コンソメ)、レモン、牡蠣醤油

 

作り方:

1ボウルに鱈のすり身を入れ、マジックソルトを振って、生クリームを少々加える。

21をよく練る。

3鮭の切り身を真ん中から挟めるように切る。

432を挟める。

5鍋にバターひとかけらを入れて弱火で溶かす。一旦火を止めて4と千切りにした人参、

 スライスしたマッシュルームを入れてブイヨンをカップ1/2程度を入れ弱火で炊く。

6火が通ったら 予めソテーしておいたほうれん草を皿に敷き、その上にムース詰めサーモンを乗せ、人参、マッシュルームで添える。鍋に残った汁にレモンを絞り、牡蠣醤油を少々入れ、ソースを作って上から掛ける。レモンを添えて出来上がりですスター

 

 

どんぐりウズラの卵は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンEのほか、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、カルシウム、リン、マグネシウム、カリウムなどの栄養が豊富に含まれており、皮膚や粘膜の健康維持、老化防止、高血圧予防、貧血予防に役立ち、妊婦さんの栄養補給にも良いそうですうずら

 

どんぐり秋鮭に含まれる、アスタキサンチンは強い抗酸化作用を持ち、その力はビタミンEの約1000倍といわれています。全身の老化の防止、免疫力の低下予防作用の他、紫外線に当たった時などに発生する肌の老化(シミ、シワ、たるみなど)の原因となる活性酸素を除去する作用はトマトの色素に含まれるリコピンに次ぐといわれています。

また、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防にもつながるとされています魚の切り身

 

どんぐり鱈は、ビタミンDを多く含み、カルシウムやリンの吸収を促進させ、骨や歯を丈夫にし、骨粗鬆症の予防になります。

また、ビタミンAも含むため、喉や鼻の粘膜強化し、風邪の予防に良いです魚

 

どんぐりほうれん草は、抗酸化作用があるβカロテンやビタミンCを多く含むほか、貧血予防に役立つ鉄や骨の健康に必要なカルシウムも豊富ですほうれん草

 

どんぐり人参には、βカロテンを豊富に含み、免疫力アップや老化防止に役立ち、また、皮膚や目、鼻の粘膜を強くする働きがあるほか、がんや感染症の予防に役立つといわれており、注目されている栄養成分ですにんじん

 

どんぐりマッシュルームは、ミネラルが豊富に含まれているほか、食物繊維も多く、整腸作用に効果があるそうです1UPキノコ

 

どんぐりレモンは、ビタミンCとクエン酸を多く含み、美肌作用、免疫力保持、疲労回復、アンチエイジングなどのほか、ビタミンCには解毒効果があるといわれており、二日酔いや胸焼けなどを軽減に役立つそうですレモン

 

どんぐり生ハムは、悪玉コレステロールを減らし、血液サラサラに良いオレイン酸とアミノ酸が豊富に含まれています。また、高タンパク&低カロリーの美容肉なのですpig*

 

どんぐりレタスは、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、食物繊維を含みます野菜

 

どんぐり梨は、リンゴ酸、クエン酸、アスパラギン酸が含まれており、疲労回復に良いそうです。

また、ソルビトールという成分も含み、解熱作用があるため、風邪などで熱があるときに良いそうですふなっしー

 

どんぐり柿は、ビタミンAとビタミンCが豊富に含まれており、疲労回復、粘膜強化、アンチエイジング、がん予防に良いといわれています。また、カリウムも含まれているので、むくみ予防や、高血圧予防に役立つそうです柿



人気ブログランキング     

月こんばんはうさぎ

今日は、キノコたっぷり大皿夕食を紹介します

P1000245

sssメニューは左から、

オクラのお浸し、キュウリともずくとシラスの酢の物、キノコとピーマンと茄子と豚肉のアヒージョ風炒め、温泉玉子、早生ミカン、フルーツジュース

です。

 

材料:

シメジ、ピーマン、茄子、豚ローススライス、アヒージョの素

 

作り方:

1シメジのいしづきを除き、ピーマンと茄子を細切りにする。

2米油を引いたフライパンに、豚ローススライスと1をアヒージョの素で炒める。

3味はアヒージョの素で調整する。

4皿に盛って出来上がりスター

 

もみじオクラの粘り成分、ムチンには粘膜を保護する働きがあるので、胃腸が疲れた時にはぴったりです。

細かく刻めば離乳食などのとろみ付けにもなりますオクラ輪切り

 

もみじきゅうりは、カリウムと利尿効果の高い成分を含んでいるので、むくみをとる作用がありますキュウリ

 

もみじもずくのぬめり成分である食物繊維の一種であるフコイダンが多く含まれています。

免疫力をアップさせ、抗腫瘍効果があるといわれていますワカメ

 

もみじしらすには、豊富なカルシウムとDHA・EPAが含まれており、骨粗鬆症予防や、血液サラサラ効果があるとされています。

また、多くのコラーゲンとタンパク質の一種であるエラスチンが含まれており、肌の潤いや弾力の保持、美肌に良いそうですしらす

 

もみじシメジには、風邪の予防やガンを抑制するβグルカンや疲労回復、カルシウムの吸収を促すリジン(必須アミノ酸の一種)が多く含まれています。

また、うまみ成分であるグアニル酸には動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に良いとされていますきのこ

 

もみじピーマンは、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEがたっぷり。

ピーマンの香りには血液をサラサラにするピラジンが含まれていますピーマン☆

 

もみじ茄子は、紫色の皮に含まれるアントシアニン(ナスニン)や果肉に含まれるクロロゲン酸に抗酸化作用があるといわれていますナス

 

もみじ豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです。

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされていま

ぶた

 

もみじたまごはビタミンCを除く完全食品と言われる優れものなのです。
皮膚、血管、筋肉を強くするアミノ酸や脳細胞を活発にするミネラル成分、

老化予防や代謝機能をUPする酵素も含まれているそうです生まれたてのひよこ

 

もみじ早生ミカンは、ビタミンCが豊富に含まれ、感染症予防や、美肌効果に良いそうです。

また、粘膜の強化、抗酸化作用による老化防止(アンチエイジング)にも役立つβカロテンや、各種ビタミン、ミネラル、食物繊維も含まれていますみかん


       
人気ブログランキング

月こんばんはニコ

今日は、大根づくし朝食を紹介します食事

15

sssメニューは左から、

ゆかりおにぎり、おでん、小ねぎのお味噌汁、納豆キムチ、大根おろしシラス添え、豚の生姜焼きコールスロー添え、大根のきんぴら、胡瓜の漬物、温泉玉子

です!

 

シェフ【おでん】

材料:

焼きちくわ、つみれ、大根、がんもどき、結び白滝、白だし、牡蠣醤油、日本酒、めんつゆ、こぶ茶

 

作り方:

1水に調味料を入れて、輪切りにした大根、斜めに切ったちくわ、がんもどき、結び白滝、つみれを入れ、煮る。

2大根が煮えたら、出来上がりスター

 

鳥の羽根ONE POINT

めんつゆはごく少量全体味は薄めにする。

あまり強火で煮ない。

 

 

シェフ【豚の生姜焼き】

材料:

豚ロース薄切り、小麦粉、生姜、焼肉のたれ

 

作り方:

1豚ロース薄切りは2つに折って、小麦粉を軽くまぶして、米油で焼き、すりおろした生姜をたっぷりかけ、焼肉のたれをかけて強火にしてすぐ火を止める。

 

シェフ【大根のきんぴら】

材料:

大根、ごま油、一味唐辛子、めんつゆ、牡蠣醤油

 

作り方:

1おでんの大根を面取りした皮を千切りにして、ごま油で炒める。

2炒めながら、めんつゆ少々、牡蠣醤油で味を調える。

3一味唐辛子を振って出来上がりスター

 

 

イチョウ大根は、消化を助ける酵素が含まれています。

葉の部分にはβカロテンやビタミンCが豊富に含まれています大根

 

イチョウがんもどきに含まれる、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、お肌の保湿や新陳代謝を促します。

大豆サポニンには、血管内にできる「血栓」を抑制する作用があるので、動脈硬化予防になるそうです。また、コレステロール値を下げる働きがあるので肥満予防にも役立つとされています。

レシチンは、神経細胞を活性化させ、自律神経失調症、不眠症、神経衰弱、精力減退などを予防しまた回復する作用があるといわれています。また、高血圧、貧血、肝臓病、腎臓病、糖尿病、心臓病などの疾患の予防に効果があるとされていますがんもどき

 

イチョウつみれには、ビタミンD、カルシウム、良質なたんぱく質が豊富です。EPA・DHAの不飽和脂肪酸の働きもあわせて、血栓予防、痴呆症予防、高血圧改善、貧血予防、肝機能の向上、細胞の再生に必要なビタミンB2も含まれていますつみれ

 

イチョウちくわには、貧血を予防するビタミンB12、葉酸、疲労回復に良いとされるビタミンB1、新陳代謝を促進するビタミンB2、皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンナイアシン、パントテン酸、B6を含み、更に、近さん作用のあるビタミンEや血液サラサラ効果のあるDHA・EPAも含まれていますちくわ

 

イチョウ白滝には、水溶性食物繊維のグルコマンナンを多く含み、食べ過ぎの防止や腸内環境の改善に有効とされています。カルシウムやカリウムも含まれていますしらたき

 

イチョウネギに含まれる香り成分の硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がUPするそうですアップ

緑色の部分にはβカロテン、カルシウム、ビタミンK、葉酸などが含まれています

 

イチョウしらすには、豊富なカルシウムとDHA・EPAが含まれており、骨粗鬆症予防や、血液サラサラ効果があるとされています。

また、多くのコラーゲンとタンパク質の一種であるエラスチンが含まれており、肌の潤いや弾力の保持、美肌に良いそうですしらす

 

イチョウ豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされていま

ぶた

 

イチョウキャベツは、胃潰瘍の予防や改善に有効なビタミンUの他、美肌作りに役立つビタミンC、健康な骨を形成するビタミンKも豊富に含まれています野菜

 

イチョウきゅうりは、カリウムと利尿効果の高い成分を含んでいるので、むくみをとる作用がありますキュウリ

 

イチョウたまごはビタミンCを除く完全食品と言われる優れものなのです。
皮膚、血管、筋肉を強くするアミノ酸や脳細胞を活発にするミネラル成分、

老化予防や代謝機能をUPする酵素も含まれているそうです生まれたてのひよこ


     
人気ブログランキング

月こんばんはニコ

今日は、お弁当ご飯を紹介します食事
57 - コピー (2)

sssメニューは左から、

エリンギの炊き込みご飯、ピーマン、マッシュルーム、ウインナーのアヒージョ炒め、鮭の塩焼き、人参と里芋の煮物、玉子焼き、胡瓜とシラスの酢の物、茄子の煮浸し、ネギとわかめのお味噌汁、九州ゆずすこ(青ゆずと出汁のきいた辛子調味料)

です!

 

シェフ【エリンギの炊き込みご飯】

材料:

エリンギ、白だし、牡蠣醤油、みりん

 

作り方:

1エリンギは短冊切りにして、適量の水に白だしと牡蠣醤油を1:1、みりん少々でエリンギを煮て汁ごと研いだご飯に入れて一緒に炊く

 

シェフ【ピーマン、マッシュルーム、ウインナーのアヒージョ炒め】

材料:

ピーマン(大4個)、マッシュルーム(大4個)、ウインナー、アヒージョの素

 

作り方:

1ピーマンは細切り、マッシュルームは少し厚めにスライスして、ウインナーと一緒に油を引いたフライパンに入れ、アヒージョの素で炒める。

  

シェフ【人参と里芋の煮物】

材料:

人参、里芋、日本酒、めんつゆ、こぶだし

 

作り方:

1人参は皮を剝いて斜め切り、里芋は皮を剝いて鍋に入れ、水をひたひたに入れ、めんつゆ少々、こぶだし、日本酒で火が通るまで煮て冷ます。

 

シェフ【玉子焼き】

材料:

玉子(Mサイズ3個)、日本酒、牛乳(小さじ2杯)、砂糖(大さじ2杯)、塩、めんつゆ、牡蠣醤油

 

作り方:

1器に卵3個を割り入れ、日本酒少々、牛乳、砂糖、塩1つまみ、めんつゆ少々、牡蠣醤油3滴を入れてよく混ぜる。

2油を引いたフライパンに1を流し入れ、巻くようにして焼いていく。

3表面に薄く焦げ目がついたら、火を止め、余熱で中まで火が通ったら出来上がりスター

 

シェフ【茄子の煮浸し】

材料:

茄子、日本酒、白だし、めんつゆ、ごま油

 

作り方:

1茄子は乱切りにして、鍋に入れ、かぶる程度の水を入れ、めんつゆ少々、白だし少々、日本酒少々、ごま油を2滴くらい垂らして落し蓋をして煮る。

2味が染みるようにそのまま冷ます。

 

 

銀杏の葉エリンギは、食物繊維とカリウムが豊富に含まれており、、整腸作用、ダイエット、高血圧の予防に良いそうです。

 

銀杏の葉ピーマンには粘膜を正常に保つ、脂溶性のβカロテンの含有量が高く、その他のビタミン、ミネラルも豊富に含んでいます!!

炒めものに使えば、βカロテンの吸収率を高めてくれますアップ

 

銀杏の葉マッシュルームには、ミネラルが豊富に含まれているほか、食物繊維も多く、整腸作用に効果があるそうです1UPキノコ

 

銀杏の葉ウインナー(豚肉)はビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされていま

ぶた

 

銀杏の葉鮭はアスタキサンチンは強い抗酸化作用を持ち、その力はビタミンEの約1000倍といわれています。全身の老化の防止、免疫力の低下予防作用の他、紫外線に当たった時などに発生する肌の老化(シミ、シワ、たるみなど)の原因となる活性酸素を除去する作用はトマトの色素に含まれるリコピンに次ぐといわれています。

また、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防にもつながるとされています魚

 

銀杏の葉人参には、βカロテンを豊富に含み、免疫力アップや老化防止に役立つそうです。

また、人体の粘膜や皮膚の保護、免疫機能の維持、視力を維持するために必要不可欠な成分でもありますにんじん

 

銀杏の葉里芋は、高血圧予防に役立つカリウム、腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれています。

ぬめり成分には、粘膜を保護するムチンとがラクタンが含まれています里芋

 

銀杏の葉たまごはビタミンCを除く完全食品と言われる優れものなのです。
皮膚、血管、筋肉を強くするアミノ酸や脳細胞を活発にするミネラル成分、

老化予防や代謝機能をUPする酵素も含まれているそうです。

疲れた体にちょっと甘いものもほしいですね生まれたてのひよこ

 

銀杏の葉きゅうりは、カリウムと利尿効果の高い成分を含んでいるので、むくみをとる作用がありますキュウリ

 

銀杏の葉しらすには、豊富なカルシウムとDHA・EPAが含まれており、骨粗鬆症予防や、血液サラサラ効果があるとされています。

また、多くのコラーゲンとタンパク質の一種であるエラスチンが含まれており、肌の潤いや弾力の保持、美肌に良いそうですしらす

 

銀杏の葉茄子は、紫色の皮に含まれるアントシアニン(ナスニン)や果肉に含まれるクロロゲン酸に老化予防やアンチエイジングに良いとされる抗酸化作用が含まれていますナス

 

銀杏の葉ネギに含まれる香り成分の硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がUPするそうですアップ

緑色の部分にはβカロテン、カルシウム、ビタミンK、葉酸などが含まれています

 

銀杏の葉わかめは、代謝を活発にするヨウ素が豊富。ぬめり成分であるアルギニン酸やフコイダンは食物繊維の一種で、血圧やコレステロール値の調整に役立つそうですわかめ


         
人気ブログランキング

↑このページのトップヘ