【彩 食 健 美】

美容・健康・食事・ダイエットにこだわったアイデアと情報や豆知識をお届け致します。学びの場では豊富な経験や実績と教養を基にPC系や英会話、他、講座を設けさせていただきます。、音楽や写真などの癒しの時間、ショッピングモール、日々の出来事を綴ったエッセイもお楽しみ下さい。

カテゴリ: 健康・ダイエット

こんばんはお月様

今日は、夏のシンプル夕食の紹介ですひまーり

 
07

メニューは、左から丸ごと皮むきトマトとセロリを添えたホタテ貝柱のソテーコンソメゼリー掛け、とうもろこし、ひじき煮、鮎の塩焼き、大根おろし、ですにこkirakira*

朝冷やしておいたデザートの杏仁豆腐もできました星

 

材料:

【ホタテ貝柱のソテーコンソメゼリー掛け】

ホタテ貝柱、小麦粉、チキンコンソメの素、ゼラチン、米油

 

【ひじき煮】

ひじき、人参、めんつゆ、米油(少々)

 

作り方:

【ホタテ貝柱のソテーコンソメゼリー掛け】

①フライパンに油を熱し、薄く小麦粉をまぶしたホタテを入れ、両面火が通るまで焼き、塩・コショウで味付け。

②分量の水に分量のコンソメとゼラチンを入れ、煮溶かし、冷やして固め、さいの目に切り、ホタテに添える。

 

【ひじき煮】

①フライパンに油少々、ひじき、細い千切り人参を入れ、軽く炒め、めんつゆと水少々で更に炒め、人参が柔らかくなって汁気がなくなったら火を止める。

②味はめんつゆの増減で整える。

 

 

ハイビスカス3 トマトは、抗酸化作用が高いβカロテン、リコピン、ビタミンC、高血圧予防に役立つカリウム、疲労回復効果のあるクエン酸が多く含まれていますトマト

 

ハイビスカス3 セロリは、香り成分にはリラックス作用のほか、血圧の上昇を抑制し、血液をサラサラにする効果があるそうです。むくみ予防に良いとされるカリウムも豊富の含んでいますセロリ

 

ハイビスカス3 ホタテ貝柱は、タウリンを豊富に含み、肝機能を高めるほか、高血圧、脳卒中、心臓病にも亜効果があるとされています。

また、新陳代謝を促す作用があるといわれる亜鉛も多く含んでいます帆立

 

ハイビスカス3 とうもろこしは、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、食物繊維を豊富に含んでいます。

アスパラギン酸も多く含んでいるので、疲労回復に良いそうですとうもろこし

 

ハイビスカス3 ひじきは、骨や歯の形成に必要なカルシウムのほか、カルシウムの吸収を助けるマグネシウムも豊富に含んでいます。

また、整腸作用のある食物繊維も多く含んでいますひじき

 

ハイビスカス3 人参は、βカロテンを豊富に含み、粘膜強化や、免疫力アップ、老化防止に役立つそうですにんじん

 

ハイビスカス3 鮎は、血液をサラサラ効果や血中悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす作用があるEPA・DHAが豊富に含まれています。

また、鮎の内臓にはビタミンB12と鉄が多く含まれているので、貧血症の予防に良いそうです魚

 

ハイビスカス3 大根は、消化を助ける酵素が含まれています。

葉の部分にはβカロテンやビタミンCが豊富に含まれています大根

 

ハイビスカス3 杏仁豆腐は、鉄分、カルシウム、ビタミンB群、オレイン酸、リノール酸など美容に良いとされる成分が含まれています。

また、杏仁は漢方として使われており、咳止めや下痢止めにも効果があるそうです杏仁豆腐

 

           
人気ブログランキング

こんばんはお月様

今日は、牛バラのパイナップル煮を紹介しますニコニコ

 
25

メニューメニュー: 牛バラのパイナップル煮、トマトとレタスと玉ねぎのサラダ、ズッキーニとエリンギのソテー

 

材料:

【牛バラのパイナップル煮】

牛バラ肉ブロック、パイナップル、小麦粉、塩、醤油、マジックソルトガーリック

 

【ズッキーニとエリンギのソテ-】

ズッキーニ、エリンギ、塩・コショウ

 

作り方:

【牛バラのパイナップル煮】

深めのフライパンに米油を熱し、牛バラ肉ブロックをお好みの大きさに切り、小麦粉をまぶして炒め、表面を焼き、抵当な大きさに切ったパイナップルも入れ、そこへ水をかぶるくらい入れて、塩、マジックソルト、醤油少々を入れて、煮汁が少なくなったら、水を足しながら、2時間くらい弱火で煮る。

汁を味見して、お好みの味に調える牛

 

【ズッキーニとエリンギのソテ-】

①ズッキーニは5㎜位の輪切り、エリンギは縦に5mm位の厚さに切る。

②フライパンに米油を熱し、ズッキーニを炒め、塩・コショウする。

③器に一つずつ箸でとるズッキーニ

④フライパンに残った油でエリンギを炒め、塩・コショウで味を調えるエリンギ

 

牛バラ肉は、筋肉がつきやすくなるたんぱく質をはじめ、吸収率が良いヘム鉄、脂肪を吸収するビタミンB2を多く含んでいます。

貧血の予防やダイエットに効果があるそうです。

 

パイナップルは、酵素によって、胃液の分泌を促し、胃もたれを防ぎます。

また、リンゴ酸やクエン酸を多く含み、夏バテに良いといわれています

その他、整腸作用があり、便秘や下痢の改善に効果があるといわれています。

 

トマトは抗酸化作用が高いβカロテン、リコピン、ビタミンC、高血圧予防に役立つカリウム、疲労回復効果にあるクエン酸が多く含まれています。

 

レタスはβカロテン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウムを適度に含んでいます。

ダイエット、生活習慣病の予防、高血圧の予防に良いそうです。

 

ズッキーニは、余分な塩分を排泄する働きがあるカリウムを含み、高血圧の予防になるそうです。

 

エリンギは、食物繊維とカリウムが豊富に含まれており、、整腸作用、ダイエット、高血圧の予防に良いそうです。

 

玉ねぎには香り成分の硫化アリル(アリシン)と硫化プロピルという成分が含まれており、硫化アリルは疲労回復効果とスタミナ増強、安眠を促すので、不眠症にも効果があるそうです。

 


                    
人気ブログランキング

こんばんはお月様

今日は、インスタントラーメンでを使った冷やし中華と鰯の醤油煮生姜添えですうお座


34

材料:

【冷やし中華】
胡瓜、トマト、アボカド、豚ロース薄切り、玉ねぎ、キムチインスタントラーメン

 

【イワシの醤油煮生姜添え】

鰯は、ワタと頭を取ったものを購入しました。

めんつゆ、醤油、梅酢少々、千切り新生姜

 

作り方:

【冷やし中華】

①インスタントラーメンを茹でている間に、トマトとアボカドはくし形に、キュウリは千切りに豚ロースはお酒を少々入れたお湯でサッと茹でる。

②麺が茹ったら、水に取り、水を取り替えて手でもみ洗いしてザルに上げておく。

③タレはインスタントラーメンに添付してあったタレを2、3滴と昆布だし入りすし酢にからし酢味噌、キムチの汁少々、練胡麻和えの素を入れて混ぜて、器に麺、胡瓜、トマト、豚、玉ねぎ、アボカドを盛り、上にキムチを乗せてタレをかけて出来上がり。

 

ポイントウインク

豚を茹でるときにお湯にお酒を少し入れると、臭みが無くなる。

 

【イワシの醤油煮生姜添え】

鍋に、めんつゆ少々、醤油、梅酢を入れて、沸騰したら鰯を入れ、すりおろし生姜を入れる。

味は甘み少なく、やや濃いめのほうが美味しいです。

弱火で5分くらい煮詰めて出来上がり星


 

 

花火きゅうりは、カリウムと利尿効果の高い成分を含んでいるので、むくみをとる作用があります。

 

花火トマトは抗酸化作用が高いβカロテン、リコピン、ビタミンC、高血圧予防に役立つカリウム、疲労回復効果にあるクエン酸が多く含まれています。

 

花火アボカドは、果物類の中でもカリウムの含有量がトップなのだそうです。

また、血中の悪玉コレステロールを減らす効能があるとされ、血液サラサラ効果、動脈硬化を防予防する働きがあるそうです。

 

花火玉ねぎには香り成分の硫化アリル(アリシン)と硫化プロピルという成分が含まれており、硫化アリルは疲労回復効果とスタミナ増強、安眠を促すので、不眠症にも効果があるそうです。

硫化プロピルには、血液サラサラ効果の他、毛細血管の拡張による血流改善によって、冷え症の改善、新陳代謝の向上、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防に役立つといわれています。

 

花火豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされています

夏バテにも良いそうです

 

花火鰯は、骨粗鬆症予防となるカルシウムを多く含有しているほか、カルシウムの吸収を促進させるビタミンDも豊富に含んでいるそうです。

また、DHA・EPAも多く含んでいるので血液サラサラ効果に良いそうです。

 

花火生姜は、辛み成分ジンゲロールには血行促進作用があり、冷え症の改善や免疫力アップに。抗酸化作用も高く、老化防止効果も期待されているそうです。

 


     
人気ブログランキング


こんばんはお月様

昨日の夕飯ですナイフとフォーク

58

メニューは左から、冷奴、豚の生姜焼き、コールスローとポテトサラダ添え、しらす入り大根おろし、春雨サラダ、玉ねぎとキャベツとニラの味噌汁、パイナップル

 

作り方:

【冷奴】

豆腐は茹でて冷やし、刻んだねぎを薬味にし、めんつゆをかける。

 

【豚の生姜焼き】

豚ロース薄切りは2つに折って、小麦粉を軽くまぶして、米油で焼き、すりおろした生姜をたっぷりかけ、焼肉のたれをかけて強火にしてすぐ火を止める。

 

【ポテトサラダ】

ジャガイモと人参は塩ゆでして、適当に潰し、きゅうりとハムを適当に切って、塩、コショウし、カロリーハーフのマネーズ出会えました。

 

【春雨サラダ】

春雨は茹でて、水洗いし、水気をよく切り、ハムと胡瓜の千切りとすし酢にだし入り醤油少々、胡麻油少々と一緒に和える。

 

玉ねぎとキャベツとニラの味噌汁

キャベツと玉ねぎとニラを具にした普通の味噌汁です味噌汁

 

豆腐に含まれる、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、お肌の保湿や新陳代謝を促します。

大豆サポニンには、血管内にできる「血栓」を抑制する作用があるので、動脈硬化予防になるそうです。また、コレステロール値を下げる働きがあるので肥満予防にも役立つとされています。

レシチンは、神経細胞を活性化させ、自律神経失調症、不眠症、神経衰弱、精力減退などを予防しまた回復する作用があるといわれています。また、高血圧、貧血、肝臓病、腎臓病、糖尿病、心臓病などの疾患の予防に効果があるとされています。

 

玉ねぎには香り成分の硫化アリル(アリシン)と硫化プロピルという成分が含まれており、硫化アリルは疲労回復効果とスタミナ増強、安眠を促すので、不眠症にも効果があるそうです。

硫化プロピルには、血液サラサラ効果の他、毛細血管の拡張による血流改善によって、冷え症の改善、新陳代謝の向上、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防に役立つといわれています。

 

きゅうりは、カリウムと利尿効果の高い成分を含んでいるので、むくみをとる作用があります。

 

キャベツは、胃潰瘍の予防や改善に有効なビタミンUの他、美肌作りに役立つビタミンC、健康な骨を形成するビタミンKも豊富に含まれていますbone

 

豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされています

夏バテにも良いそうですグラサン

 

大根には、消化を助ける酵素が含まれています。

葉の部分にはβカロテンやビタミンCが豊富に含まれています青首大根

 

しらすには、豊富なカルシウムとDHA・EPAが含まれており、骨粗鬆症予防や、血液サラサラ効果があるとされています。

また、多くのコラーゲンとタンパク質の一種であるエラスチンが含まれており、肌の潤いや弾力の保持、美肌に良いそうですキスマーク

 

春雨には、カルシウム、カリウムなどの栄養素が含まれており、疲労回復や夏バテなどによる食欲不振に効果があるといわれています。

また、低カロリーなのでダイエット食としても良いそうです。

 

ニラの香り成分に含まれる硫化アリルは、ビタミンB1と一緒に摂ると、疲労回復効果が高まるといわれています。

βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維なども豊富に含まれています。

 

パイナップルは、酵素によって、胃液の分泌を促し、胃もたれを防ぎます。

また、リンゴ酸やクエン酸を多く含み、夏バテに良いといわれています

その他、整腸作用があり、便秘や下痢の改善に効果があるといわれています。


 

 

              
人気ブログランキング

今日は根菜たっぷりの甘海老のお味噌汁ですニコニコ


子持ち甘海老味噌汁

材料:甘海老、ゴボウ、大根、人参、利尻昆布エキス、味噌、大葉千切り

 

作り方:

①鍋に水を入れ、ささがきにした野菜をいれ、煮る。

②柔らかくなったら、子持ち甘海老を洗って入れ、利尻昆布エキスを少々入れて火を止める。

③味噌で味を調え、器に盛って、千切り大葉を散らす。

 

 

花火甘海老は、茹でると赤くなる色素成分であるアスタキサンチンには抗酸化作用が強く、動脈硬化や心筋梗塞に役立つといわれています。

また、疲労回復や視力回復、その他、脳卒中、高血圧、心臓病の予防に有効とされていますエビ

 

花火ゴボウは、イヌリン、セルロース、リグニンなどの食物繊維が豊富で、腸の働きを活性化する働きがあります。皮には老化予防に役立つポリフェノールも含まれていますごぼう

 

花火大根には、消化を助ける酵素が含まれています。

葉の部分にはβカロテンやビタミンCが豊富に含まれています青首大根

 

花火人参は、βカロテンを豊富に含み、免疫力アップや老化防止に役立つそうですにんじん

 

花火紫蘇に含まれる香り成分ペリルアルデヒドには抗菌、防腐作用の他、胃液の分泌を促進させて食欲を増進させる効果があるとされています紫蘇




人気ブログランキング             

↑このページのトップヘ