【彩 食 健 美】

美容・健康・食事・ダイエットにこだわったアイデアと情報や豆知識をお届け致します。学びの場では豊富な経験や実績と教養を基にPC系や英会話、他、講座を設けさせていただきます。、音楽や写真などの癒しの時間、ショッピングモール、日々の出来事を綴ったエッセイもお楽しみ下さい。

カテゴリ: 健康・ダイエット

こんばんは月のおじ

今日は、高菜炒飯を紹介しますびっくりマーク
31

sss高菜炒飯、豆腐とわかめの中華風スープ、ドラゴンフルーツ

 

シェフ【高菜炒飯】

材料:

高菜、ピーマン、玉ねぎ、ウインナー、ニンニク、鶏がらスープの素、牡蠣醤油

 

作り方:

1フライパンに適量の米油を入れ、軽く熱し、粗みじん切りにしたニンニク、玉ねぎ、高菜、小口切りにしたウインナーを入れて、がらスープの素を適量入れて炒める。

2ご飯を入れて、更に炒め、ご飯が良くほぐれたら牡蠣醤油少々と細かく刻んだピーマンを入れて、ピーマンの色が鮮やかになったら火を止める。

 

羽根パープル上反ONE POINT羽根パープル上反

高菜に塩分があるので調味料の量に注意びっくりマーク

 

シェフ【豆腐とわかめの中華風スープ】

材料:

豆腐、カットわかめ、昆布茶、鶏がらスープの素、牡蠣醤油、コショウ

 

作り方:

1鍋に水を入れ、火にかけ、カットわかめ、さいの目に切った豆腐、こぶ茶、がらスープの素、牡蠣醤油少々を入れて、ひと煮立したら出来上がりスーパーマリオ

2お好みでコショウを振るmcブラックペパー<ミル付>

 

 

中華丼のガラ高菜は、βカロテン、ビタミンC、鉄、葉酸、カルシウム、食物繊維などがバランスよく含まれています。辛味成分にはがん予防作用もあるといわれていますチンゲン菜

 

中華丼のガラピーマンには粘膜を正常に保つ、脂溶性のβカロテンの含有量が高く、その他のビタミン、ミネラルも豊富に含んでいます!!

炒めものに使えば、βカロテンの吸収率を高めてくれますアップピーマンピーマン

 

中華丼のガラ玉ねぎに含まれる、香り成分の硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がアップします。

外皮にはポリフェノールの一種であるケルセチンが含まれ、アンチエイジングに役立つそうです玉ねぎ

 

中華丼のガラウインナー(豚肉)はビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされていまぶた

 

中華丼のガラニンニクは、硫化アリルとビタミンB1が含まれているため、疲労回復効果があります。ビタミンB6や葉酸、カリウムなども含まれていますライフニンニク

 

中華丼のガラわかめは代謝を活発にするヨウ素が豊富です。ぬめり成分であるアルギニン酸やフコイダンは食物繊維の一種で、血圧やコレステロール値の調整に役立ちますわかめ

 

中華丼のガラ豆腐に含まれる、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、お肌の保湿や新陳代謝を促します。

大豆サポニンには、血管内にできる「血栓」を抑制する作用があるので、動脈硬化予防になるそうです。また、コレステロール値を下げる働きがあるので肥満予防にも役立つとされています。

レシチンは、神経細胞を活性化させ、自律神経失調症、不眠症、神経衰弱、精力減退などを予防しまた回復する作用があるといわれています。また、高血圧、貧血、肝臓病、腎臓病、糖尿病、心臓病などの疾患の予防に効果があるとされています豆腐

 

中華丼のガラドラゴンフルーツは、風邪予防や美肌作りに役立つビタミンC、むくみ予防に作用するカリウムが豊富に含まれているほか、カルシウムと共に骨の形成に作用するマグネシウムや血糖値やコレステロール値を抑制し、整腸作用もある食物繊維も多く含まれていますdragon fruit



人気ブログランキング

こんばんは月

今日は、とても寒かったので、牡蠣となめこと春菊とネギのあったかうどんを紹介しますびっくりマーク
40

材料:

牡蠣、なめこ、春菊、ネギ、ゆで麺、めんつゆ

 

作り方:

1ゆで麺を軽く茹で、水でよく洗いざるにあげておきます。

2鍋に水と適量のめんつゆを入れ、火にかけ、麺を入れ、沸騰し始めたところに、

よく洗った牡蠣を入れ、牡蠣が8分通り煮えたところに、

なめこを入れ、沸騰したら、ネギと春菊を加え火を止める。

3器に盛って、七味唐辛子と刻んだネギを乗せて、出来上がりスーパーマリオ

 

羽根パープル上反ONE POINT羽根パープル上反

ゆずの皮を少々加えることも良いですねびっくりマーク!

 

雪結晶牡蠣は、新陳代謝の促進や、味覚を正常に保つ作用がある亜鉛を豊富に含んでいます。

また、鉄分、銅、ビタミンB12などのミネラル類、ビタミン類を豊富に含みます。

鉄分、銅、ビタミンB12はいずれも貧血の予防の作用があります牡蠣

 

雪結晶なめこは、ムチン(ぬめり)を多く含み、粘膜を保護し、ウイルスの侵入を防ぐ作用があるといわれています。

また、食物繊維もふくむため、整腸作用をはじめ、生活習慣病、肥満の予防に良いそうですなめこ

 

雪結晶春菊は、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、鉄、カリウムなどが含まれています。

独特の香りには、消化促進作用もあるそうです春菊

 

雪結晶ネギに含まれる、硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がアップアップ

緑色の部分にはβカロテン、カルシウム、ビタミンK、葉酸などが含まれています葱



人気ブログランキング   

こんばんは月

今日は、味噌おにぎりときんぴらの豚巻を紹介しますびっくりマーク
23

sss左から大根の梅酢漬、味噌おにぎり、きんぴらごぼうの豚巻、いんげんの胡麻和え、春菊とめかぶとはんぺんのお味噌汁

 

シェフ【大根の梅酢漬】

材料:

大根、白だし、梅酢

 

作り方:

1ビニールの袋にいちょう切りにした大根と白だし4:梅酢1を混ぜたものを入れ、密閉して一晩おく。

 

羽根パープル上反ONE POINT羽根パープル上反

塩辛かったらヨーグルトと砂糖少々を入れて混ぜておくと美味しくなりますびっくりマーク!

 

シェフ【味噌おにぎり

材料:

ご飯、焼き海苔、あわせみそあさり味

 

作り方:

1ご飯を三角に握り、味噌を薄く塗って、海苔で巻く。

 

シェフ【きんぴらごぼうの豚巻】

材料:

しゃぶしゃぶ用豚ロース薄切り、ごぼう、人参、めんつゆ、焼肉のたれ、ごま油

 

作り方:

1ごぼう、人参は千切りにする。

2フライパンに油を適量入れてめんつゆ、水少々で汁気がなくなるまで1を炒め煮にする。

3豚ロースを広げてきんぴらごぼうを適量巻いて、小麦粉をまぶす。

4油を引いたフライパンで転がしながら焼き、焼肉のたれを入れ、絡める。

 

羽根パープル上反ONE POINT羽根パープル上反

きんぴらは薄味にびっくりマーク!

 

シェフ【いんげんの胡麻和え】

材料:

インゲン、胡麻和えの素

 

作り方:

1インゲンは洗って、適当な長さに切って、塩を一つまみ入れたお湯でゆでる。
2水をよく切り、器にあけ、胡麻和えの素で和える。

 

 

雪結晶大根は、消化を助ける酵素が含まれています。

葉の部分にはβカロテンやビタミンCが豊富に含まれています青首大根  

 

雪結晶ゴボウは、イヌリン、セルロース、リグニンなどの食物繊維が豊富で、腸の動きを活性化する働きがあるそうです。

皮には老化予防に役立つポリフェノールも含まれていますごぼう

 

雪結晶人参は、βカロテンを豊富に含み、免疫力アップや老化防止に役立ち、また、皮膚や目、鼻の粘膜を強くする働きがあるほか、がんや感染症の予防に役立つといわれており、注目されている栄養成分ですにんじん

 

雪結晶豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです。

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされていま

ぶた

 

雪結晶いんげんは、粘膜を強化するとされるβカロテン、抗酸化作用があり、美肌効果や皮膚や粘膜を健全に保つ他、免疫力を高めるといわれているビタミンC、食欲不振やアルコールの代謝に役立つとされているビタミンB1、疲れ目や目の充血、口内炎、粘膜の炎症に良いといわれるビタミンB2などが含まれます。

アミノ酸の一種であるアスパラギン酸は美肌作りや疲労回復に、リジンは免疫力の向上などに有効とされていますインゲン

 

雪結晶春菊は、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、鉄、カリウムなどが含まれています。

独特の香りには、消化促進作用もあるそうです春菊

 

雪結晶めかぶは、免疫力アップアップ、抗ウイルス作用効果があるとされるフコイダンを豊富に含んでいるほか、整腸作用のあるアルギニン酸を含んでいますメカブ

 

雪結晶はんぺんは、高血圧、動脈硬化、血栓予防に良いとされるDHA・EPAを含んでいるほか、臓器や筋肉を作るのに必要不可欠なたんぱく質と骨を強化し、骨粗鬆症の予防にも役立つカルシウムを多く含んでいますハンペン

   
人気ブログランキング

こんばんはレインボースター

今日は、冬にピッタリびっくりマークほかほか鮭鍋を紹介しますのほほん
47

材料:

鮭の切り身、牡蠣、人参、大根、ゴボウ、チンゲン菜、白菜、椎茸、柿の木茸、昆布だし、白だし、牡蠣醤油

 

作り方:

1 鍋に水と適量の昆布だし、白だしを入れ、ささがきにしたゴボウを煮る。

2 柔らかくなったところに適当な大きさに切った人参、大根、白菜を入れ、さらに柔らかくなるまで煮る。

3 2にきれいに洗った牡蠣、熱湯をかけた鮭、チンゲン菜、柿の木茸を入れ、牡蠣醤油少々で味を調える。

 

椿鮭に含まれる、アスタキサンチンは強い抗酸化作用を持ち、その力はビタミンEの約1000倍といわれています。全身の老化の防止、免疫力の低下予防作用の他、紫外線に当たった時などに発生する肌の老化(シミ、シワ、たるみなど)の原因となる活性酸素を除去する作用はトマトの色素に含まれるリコピンに次ぐといわれています。

また、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防にもつながるとされています魚の切り身

 

椿牡蠣は、新陳代謝の促進や、味覚を正常に保つ作用がある亜鉛を豊富に含んでいます。

また、鉄分、銅、ビタミンB12などのミネラル類、ビタミン類を豊富に含みます。

鉄分、銅、ビタミンB12はいずれも貧血の予防の作用があります牡蠣

 

椿人参は、βカロテンを豊富に含み、免疫力アップや老化防止に役立ち、また、皮膚や目、鼻の粘膜を強くする働きがあるほか、がんや感染症の予防に役立つといわれており、注目されている栄養成分ですにんじん

 

椿大根には、消化を助ける酵素が含まれています。

葉の部分にはβカロテンやビタミンCが豊富に含まれています青首大根  

 

椿ごぼうは、イヌリン、セルロース、リグニンなどの食物繊維が豊富で、腸の動きを活性化する働きがあるそうです。

皮には老化予防に役立つポリフェノールも含まれていますごぼう

 

椿チンゲン菜は、抗酸化作用のあるβカロテン、ビタミンC、ビタミンEを含むほか、カリウム、骨粗鬆症予防のビタミンKも含んでいますチンゲン菜

 

椿白菜は、がん予防成分のグルコシノレートが含まれています。

ビタミンKやビタミンC、葉酸なども含まれています白菜

 

椿椎茸は、ガンの抑制に有効なβグルカン、コレステロール値を低下させるエリタデニン、紫外線に当たると、カルシウムの吸収を促進するビタミンDに変わるエルゴステロールなど、注目の成分が豊富に含まれています。

椎茸は、天気の良い日にザルに並べ、数時間日光に当てるだけで、香りも旨味も、栄養価もアップします。水分が減ってしんなりした程度で充分であり、乾物のようにする必要はありません。干し椎茸は、火の通りが早く、味が浸みこみやすくなり、歯ごたえはしっかり残るという長所があります1UPキノコ

 

椿柿の木茸は、椎茸に含まれる、βグルカン、エリタデニン、エルゴステロールのほか、コレステロール値を低下させる働きがあるグリホリンネオグリホリンが含まれ、高脂血症・動脈硬化などの予防になるそうですえのき

    
人気ブログランキング

こんばんは星

今日は豚と大根の煮物を紹介します鍋
大根と豚バラブロックの煮物

材料:

豚バラブロック、大根、水、めんつゆ(大さじ1杯)

 

作り方:

1豚バラブロックは角切りにして、フライパンで表面を焼く。

2別深鍋にたっぷり湯を沸かし、豚を入れ、適当な大きさに切った大根を入れて、めんつゆ大さじ1杯入れて、1時間くらい弱火で煮る。

3煮えたら味を調える。

 

雪結晶大根は、消化を助ける酵素が含まれています。

葉の部分にはβカロテンやビタミンCが豊富に含まれています青首大根  

 

雪結晶豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです。

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされていますピンクブタ

 

雪結晶ネギに含まれる、硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がアップアップ

緑色の部分にはβカロテン、カルシウム、ビタミンK、葉酸などが含まれています葱


        
人気ブログランキング

↑このページのトップヘ