【彩 食 健 美】

美容・健康・食事・ダイエットにこだわったアイデアと情報や豆知識をお届け致します。学びの場では豊富な経験や実績と教養を基にPC系や英会話、他、講座を設けさせていただきます。、音楽や写真などの癒しの時間、ショッピングモール、日々の出来事を綴ったエッセイもお楽しみ下さい。

カテゴリ: 健康・ダイエット

コウモリ* こんばんはハロウィン

今日は、少し早いですが、ハロウィンにピッタリのスイーツを紹介しますハロウィン

09

左から

パンプキンタルト時雨風、ワインゼリー、梨の赤ワイン風タルト

です。

 

シェフ【パンプキンタルト時雨風】

材料:

タルト生地、恵比須かぼちゃ、生クリーム、小麦粉、塩、玉子、卵黄、砂糖、牛乳、バニラエッセンス

 

作り方:

市販の完成したタルトを用意する。

 

1かぼちゃは4分の1個をワタと皮をとり、適当な大きさに切って、塩を一つまみ入れて、煮る。

2かぼちゃが柔らかくなったら、水気をきり、一つまみの塩を入れ、つぶしながら混ぜ、2等分する。

32等分したものの片方に、A生クリーム大さじ1、

もう片方にBバターを大さじ1程度入れ、それぞれよく混ぜる。

4Aはクリーム状になるように練っておく。

 

1カスタードは、小麦粉大さじ2に一つまみの塩を加えてふるっておく。

2直径24㎝程度のボウルに玉子1個と卵黄1個を割り入れ、よく混ぜてほぐし、砂糖大さじ2杯、バニラエッセンス数滴を入れ、泡だて器で白っぽくぽってりするまで泡立てる。

3ふるっておいた小麦粉を入れて混ぜ、冷たい牛乳3/4カップを加え、更によく混ぜる。

4タルトに3流し入れ、平らにならして、180℃のオーブンで表面に焼き色が着くまで焼く。

5カスタードが冷めたら、Bのかぼちゃを片手付の網(ざる)網で、カスタードの上にふんわり裏ごしをする。

6周りは、Aを星形の口金を付けた絞り袋に入れて絞り、ふちを飾る。

7上に煮た皮を飾るハロウィン

 

シェフ【梨の赤ワイン風タルト】

材料:

幸水梨、赤ワイン、砂糖、スティックゼラチン、クリームチーズ、レモン汁、生クリーム、牛乳

 

作り方:

1梨は皮を剝き、4等分にして芯を取り、全て5㎜厚さに切って鍋に入れ、ワインと水を2:1の割合でひたひたになるまで入れ、砂糖大さじ2杯入れ、煮詰めて冷ましておく。

 

1クリームチーズ200gと砂糖大さじ2杯半、レモン汁1個分をよく練り混ぜる。

2ゼラチンスティック1本分は大さじ2杯の水に浸しておく。

3牛乳80ccを70℃くらいに温め、浸したゼラチンを入れ、かき回し、ゼラチンが完全に溶けるまで、熱する。

4 340℃くらいまで冷まし、1に入れて、滑らかになるまでかき混ぜ、常温程度まで冷ましておく。

5生クリームを150ccを半立ちにして4に入れて、よく混ぜ、それをタルトに流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

6固まったら、梨のワイン煮を飾り、ワインを沸騰させ、アルコールを飛ばしておく、水にゼラチンを浸しておき、ワインと混ぜて、砂糖も入れ、煮溶かし、冷まし、それを梨全体にかけて冷蔵庫で冷やす。(水とワインは1:1)おばけ

 

ワイン残った分のワインは容器に入れ、冷やし固めればワインゼリーになりますゼリー

 

 

魔女と月カボチャは、抗酸化作用があるβカロテン、ビタミンC、ビタミンEが豊富です。

 

むくみの解消や高血圧予防に役立つカリウム、便秘改善に有効な食物繊維も含まれていまパンプキン

 

魔女と月梨は、新陳代謝を促進し、疲労回復に役立つアスパラギン酸のほか、高血圧の予防、むくみ解消役立つカリウムが含まれています梨


     
人気ブログランキング

月こんばんはうさぎ

今日は、キノコたっぷり大皿夕食を紹介します

P1000245

sssメニューは左から、

オクラのお浸し、キュウリともずくとシラスの酢の物、キノコとピーマンと茄子と豚肉のアヒージョ風炒め、温泉玉子、早生ミカン、フルーツジュース

です。

 

材料:

シメジ、ピーマン、茄子、豚ローススライス、アヒージョの素

 

作り方:

1シメジのいしづきを除き、ピーマンと茄子を細切りにする。

2米油を引いたフライパンに、豚ローススライスと1をアヒージョの素で炒める。

3味はアヒージョの素で調整する。

4皿に盛って出来上がりスター

 

もみじオクラの粘り成分、ムチンには粘膜を保護する働きがあるので、胃腸が疲れた時にはぴったりです。

細かく刻めば離乳食などのとろみ付けにもなりますオクラ輪切り

 

もみじきゅうりは、カリウムと利尿効果の高い成分を含んでいるので、むくみをとる作用がありますキュウリ

 

もみじもずくのぬめり成分である食物繊維の一種であるフコイダンが多く含まれています。

免疫力をアップさせ、抗腫瘍効果があるといわれていますワカメ

 

もみじしらすには、豊富なカルシウムとDHA・EPAが含まれており、骨粗鬆症予防や、血液サラサラ効果があるとされています。

また、多くのコラーゲンとタンパク質の一種であるエラスチンが含まれており、肌の潤いや弾力の保持、美肌に良いそうですしらす

 

もみじシメジには、風邪の予防やガンを抑制するβグルカンや疲労回復、カルシウムの吸収を促すリジン(必須アミノ酸の一種)が多く含まれています。

また、うまみ成分であるグアニル酸には動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に良いとされていますきのこ

 

もみじピーマンは、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEがたっぷり。

ピーマンの香りには血液をサラサラにするピラジンが含まれていますピーマン☆

 

もみじ茄子は、紫色の皮に含まれるアントシアニン(ナスニン)や果肉に含まれるクロロゲン酸に抗酸化作用があるといわれていますナス

 

もみじ豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです。

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされていま

ぶた

 

もみじたまごはビタミンCを除く完全食品と言われる優れものなのです。
皮膚、血管、筋肉を強くするアミノ酸や脳細胞を活発にするミネラル成分、

老化予防や代謝機能をUPする酵素も含まれているそうです生まれたてのひよこ

 

もみじ早生ミカンは、ビタミンCが豊富に含まれ、感染症予防や、美肌効果に良いそうです。

また、粘膜の強化、抗酸化作用による老化防止(アンチエイジング)にも役立つβカロテンや、各種ビタミン、ミネラル、食物繊維も含まれていますみかん


       
人気ブログランキング

月こんばんはニコ

今日は、大根づくし朝食を紹介します食事

15

sssメニューは左から、

ゆかりおにぎり、おでん、小ねぎのお味噌汁、納豆キムチ、大根おろしシラス添え、豚の生姜焼きコールスロー添え、大根のきんぴら、胡瓜の漬物、温泉玉子

です!

 

シェフ【おでん】

材料:

焼きちくわ、つみれ、大根、がんもどき、結び白滝、白だし、牡蠣醤油、日本酒、めんつゆ、こぶ茶

 

作り方:

1水に調味料を入れて、輪切りにした大根、斜めに切ったちくわ、がんもどき、結び白滝、つみれを入れ、煮る。

2大根が煮えたら、出来上がりスター

 

鳥の羽根ONE POINT

めんつゆはごく少量全体味は薄めにする。

あまり強火で煮ない。

 

 

シェフ【豚の生姜焼き】

材料:

豚ロース薄切り、小麦粉、生姜、焼肉のたれ

 

作り方:

1豚ロース薄切りは2つに折って、小麦粉を軽くまぶして、米油で焼き、すりおろした生姜をたっぷりかけ、焼肉のたれをかけて強火にしてすぐ火を止める。

 

シェフ【大根のきんぴら】

材料:

大根、ごま油、一味唐辛子、めんつゆ、牡蠣醤油

 

作り方:

1おでんの大根を面取りした皮を千切りにして、ごま油で炒める。

2炒めながら、めんつゆ少々、牡蠣醤油で味を調える。

3一味唐辛子を振って出来上がりスター

 

 

イチョウ大根は、消化を助ける酵素が含まれています。

葉の部分にはβカロテンやビタミンCが豊富に含まれています大根

 

イチョウがんもどきに含まれる、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、お肌の保湿や新陳代謝を促します。

大豆サポニンには、血管内にできる「血栓」を抑制する作用があるので、動脈硬化予防になるそうです。また、コレステロール値を下げる働きがあるので肥満予防にも役立つとされています。

レシチンは、神経細胞を活性化させ、自律神経失調症、不眠症、神経衰弱、精力減退などを予防しまた回復する作用があるといわれています。また、高血圧、貧血、肝臓病、腎臓病、糖尿病、心臓病などの疾患の予防に効果があるとされていますがんもどき

 

イチョウつみれには、ビタミンD、カルシウム、良質なたんぱく質が豊富です。EPA・DHAの不飽和脂肪酸の働きもあわせて、血栓予防、痴呆症予防、高血圧改善、貧血予防、肝機能の向上、細胞の再生に必要なビタミンB2も含まれていますつみれ

 

イチョウちくわには、貧血を予防するビタミンB12、葉酸、疲労回復に良いとされるビタミンB1、新陳代謝を促進するビタミンB2、皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンナイアシン、パントテン酸、B6を含み、更に、近さん作用のあるビタミンEや血液サラサラ効果のあるDHA・EPAも含まれていますちくわ

 

イチョウ白滝には、水溶性食物繊維のグルコマンナンを多く含み、食べ過ぎの防止や腸内環境の改善に有効とされています。カルシウムやカリウムも含まれていますしらたき

 

イチョウネギに含まれる香り成分の硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がUPするそうですアップ

緑色の部分にはβカロテン、カルシウム、ビタミンK、葉酸などが含まれています

 

イチョウしらすには、豊富なカルシウムとDHA・EPAが含まれており、骨粗鬆症予防や、血液サラサラ効果があるとされています。

また、多くのコラーゲンとタンパク質の一種であるエラスチンが含まれており、肌の潤いや弾力の保持、美肌に良いそうですしらす

 

イチョウ豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされていま

ぶた

 

イチョウキャベツは、胃潰瘍の予防や改善に有効なビタミンUの他、美肌作りに役立つビタミンC、健康な骨を形成するビタミンKも豊富に含まれています野菜

 

イチョウきゅうりは、カリウムと利尿効果の高い成分を含んでいるので、むくみをとる作用がありますキュウリ

 

イチョウたまごはビタミンCを除く完全食品と言われる優れものなのです。
皮膚、血管、筋肉を強くするアミノ酸や脳細胞を活発にするミネラル成分、

老化予防や代謝機能をUPする酵素も含まれているそうです生まれたてのひよこ


     
人気ブログランキング

月こんばんはニコ

今日は、お弁当ご飯を紹介します食事
57 - コピー (2)

sssメニューは左から、

エリンギの炊き込みご飯、ピーマン、マッシュルーム、ウインナーのアヒージョ炒め、鮭の塩焼き、人参と里芋の煮物、玉子焼き、胡瓜とシラスの酢の物、茄子の煮浸し、ネギとわかめのお味噌汁、九州ゆずすこ(青ゆずと出汁のきいた辛子調味料)

です!

 

シェフ【エリンギの炊き込みご飯】

材料:

エリンギ、白だし、牡蠣醤油、みりん

 

作り方:

1エリンギは短冊切りにして、適量の水に白だしと牡蠣醤油を1:1、みりん少々でエリンギを煮て汁ごと研いだご飯に入れて一緒に炊く

 

シェフ【ピーマン、マッシュルーム、ウインナーのアヒージョ炒め】

材料:

ピーマン(大4個)、マッシュルーム(大4個)、ウインナー、アヒージョの素

 

作り方:

1ピーマンは細切り、マッシュルームは少し厚めにスライスして、ウインナーと一緒に油を引いたフライパンに入れ、アヒージョの素で炒める。

  

シェフ【人参と里芋の煮物】

材料:

人参、里芋、日本酒、めんつゆ、こぶだし

 

作り方:

1人参は皮を剝いて斜め切り、里芋は皮を剝いて鍋に入れ、水をひたひたに入れ、めんつゆ少々、こぶだし、日本酒で火が通るまで煮て冷ます。

 

シェフ【玉子焼き】

材料:

玉子(Mサイズ3個)、日本酒、牛乳(小さじ2杯)、砂糖(大さじ2杯)、塩、めんつゆ、牡蠣醤油

 

作り方:

1器に卵3個を割り入れ、日本酒少々、牛乳、砂糖、塩1つまみ、めんつゆ少々、牡蠣醤油3滴を入れてよく混ぜる。

2油を引いたフライパンに1を流し入れ、巻くようにして焼いていく。

3表面に薄く焦げ目がついたら、火を止め、余熱で中まで火が通ったら出来上がりスター

 

シェフ【茄子の煮浸し】

材料:

茄子、日本酒、白だし、めんつゆ、ごま油

 

作り方:

1茄子は乱切りにして、鍋に入れ、かぶる程度の水を入れ、めんつゆ少々、白だし少々、日本酒少々、ごま油を2滴くらい垂らして落し蓋をして煮る。

2味が染みるようにそのまま冷ます。

 

 

銀杏の葉エリンギは、食物繊維とカリウムが豊富に含まれており、、整腸作用、ダイエット、高血圧の予防に良いそうです。

 

銀杏の葉ピーマンには粘膜を正常に保つ、脂溶性のβカロテンの含有量が高く、その他のビタミン、ミネラルも豊富に含んでいます!!

炒めものに使えば、βカロテンの吸収率を高めてくれますアップ

 

銀杏の葉マッシュルームには、ミネラルが豊富に含まれているほか、食物繊維も多く、整腸作用に効果があるそうです1UPキノコ

 

銀杏の葉ウインナー(豚肉)はビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされていま

ぶた

 

銀杏の葉鮭はアスタキサンチンは強い抗酸化作用を持ち、その力はビタミンEの約1000倍といわれています。全身の老化の防止、免疫力の低下予防作用の他、紫外線に当たった時などに発生する肌の老化(シミ、シワ、たるみなど)の原因となる活性酸素を除去する作用はトマトの色素に含まれるリコピンに次ぐといわれています。

また、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防にもつながるとされています魚

 

銀杏の葉人参には、βカロテンを豊富に含み、免疫力アップや老化防止に役立つそうです。

また、人体の粘膜や皮膚の保護、免疫機能の維持、視力を維持するために必要不可欠な成分でもありますにんじん

 

銀杏の葉里芋は、高血圧予防に役立つカリウム、腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれています。

ぬめり成分には、粘膜を保護するムチンとがラクタンが含まれています里芋

 

銀杏の葉たまごはビタミンCを除く完全食品と言われる優れものなのです。
皮膚、血管、筋肉を強くするアミノ酸や脳細胞を活発にするミネラル成分、

老化予防や代謝機能をUPする酵素も含まれているそうです。

疲れた体にちょっと甘いものもほしいですね生まれたてのひよこ

 

銀杏の葉きゅうりは、カリウムと利尿効果の高い成分を含んでいるので、むくみをとる作用がありますキュウリ

 

銀杏の葉しらすには、豊富なカルシウムとDHA・EPAが含まれており、骨粗鬆症予防や、血液サラサラ効果があるとされています。

また、多くのコラーゲンとタンパク質の一種であるエラスチンが含まれており、肌の潤いや弾力の保持、美肌に良いそうですしらす

 

銀杏の葉茄子は、紫色の皮に含まれるアントシアニン(ナスニン)や果肉に含まれるクロロゲン酸に老化予防やアンチエイジングに良いとされる抗酸化作用が含まれていますナス

 

銀杏の葉ネギに含まれる香り成分の硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がUPするそうですアップ

緑色の部分にはβカロテン、カルシウム、ビタミンK、葉酸などが含まれています

 

銀杏の葉わかめは、代謝を活発にするヨウ素が豊富。ぬめり成分であるアルギニン酸やフコイダンは食物繊維の一種で、血圧やコレステロール値の調整に役立つそうですわかめ


         
人気ブログランキング

こんばんは銀杏の葉

今日は、健康的、ヘルシーメニューを紹介します食事

44

sssメニューは左から、きんぴらごぼう、スペアリブ、ひじき煮、コールスロー

ですニコニコ

 

【きんぴらごぼう】

材料:

ごぼう、人参、めんつゆ、牡蠣だし醤油

 

作り方:

1ごぼう、人参は千切りにする。

2フライパンに油を適量入れてめんつゆ、牡蠣だし醤油、水少々で汁気がなくなるまで1を炒め煮にする。

 

【ひじき煮】

材料:

ひじき、人参、舞茸、さつま揚げ、めんつゆ、牡蠣だし醤油

 

作り方:

1よく洗ってざるにあげたひじきと千切りにした人参、たんざくに切ったさつま揚げ、舞茸を油を入れたフライパンで炒め、めんつゆ、牡蠣だし醤油、水少々で汁気がなくなるまで炒め煮にする。

 

【スペアリブ】

材料:

豚の骨つき肉、コカ・コーラ、めんつゆ、みりん、牡蠣だし醤油、ガーリックパウダー、八角

 

作り方:

1フライパンに油を熱し、骨付き肉を炒めながらガーリックパウダーをたっぷり振る、コーラ120cc、水をかぶる程、八角を入れ、めんつゆ、牡蠣だし醤油、みりんを少なめに入れ、薄味で、よく火が通るまで煮る。

2汁が少なくなってとろみが出るまで煮詰めたら、ちょっと味見をして、あとはお好みで味を調える。

 

 

もみじ人参は、βカロテンを豊富に含み、粘膜強化や、免疫力アップ、老化防止に良いそうですにんじん

 

もみじごぼうは、イヌリン、セルロース、リグニンなどの食物繊維が豊富で、腸の動きを活性化する働きがあるそうです。

皮には老化予防に役立つポリフェノールも含まれていますごぼう

 

もみじ豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです。

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされていますぶた

 

もみじひじきは、鉄分が豊富で貧血予防に良いとされていますひじき

 

もみじ舞茸に含まれるエルゴステロールは紫外線に当たるとビタミンDに変化し、カルシウムとリンの吸収を促進させ、骨や歯を丈夫にする作用があるといわれています。

また、舞茸特有の成分であるMDフラクション(舞茸のβグルカン)には免疫を高め、ガンの拡大を抑える作用があるといわれています舞茸フレーク

 

もみじキャベツは、胃潰瘍の予防や改善に有効なビタミンUの他、美肌作りに役立つビタミンC、健康な骨を形成するビタミンKも豊富に含まれています野菜



         
人気ブログランキング

↑このページのトップヘ