こんばんは月

今日は、チアシードの力を紹介しますたね

 

チアシードとは、メキシコを中心とした南米で栽培される、シソ科のミントの一種である「チア」と呼ばれる果実の種です。

チアシードは、美容や健康に良い成分が豊富に含まれる、スーパーフードとして人気がありますきらきら

 

チアシードには、こんにゃくにも含まれる食物繊維の一種であるグルコマンナンが含まれています。

グルコマンナンは、消化されないため、有害物質と共に便として排出され、便秘を解消します。

また、腸内環境の改善に有効とされている、不溶性食物繊維のリグニンとセルロースも含んでいます。

チアシードは、水に浸すと、約10倍程膨張するので、ヨーグルトやスムージーなどに混ぜて食べることで、満腹感があり、腹持ちも良く、コレステロールも0なので、ダイエットに良いです。

さらに、体内で生成できない不飽和脂肪酸の一種であるオメガ3のα-リノレン酸が含まれています。

α-リノレン酸には、血流の促進や、血栓を予防し、健康でしなやかな血管を保つ作用があります。

また、コレステロール値も下げるので、生活習慣病の予防にもなるそうです。

そして、人体の構成に必要不可欠なたんぱく質である。アミノ酸も多種類含まれています。

体内で合成することができない必須アミノ酸を8種類、非必須アミノ酸を19種類含んでいます。

また、チアシードには、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛などのミネラルの含有量がトップクラスと言われています。

カルシウムとマグネシウムは共に、歯や骨の強化・生成や筋肉を作ります。

鉄は貧血の予防に役立ちます。

亜鉛は、味覚を正常に保ったり、細胞の代謝に作用します。

 



話題のホワイトチアシード

チアシードは、主 にメキシコなど中南米で栽培されている果実の種で、体内で合成することができない必須脂肪酸である、オメガ3脂肪酸の他、マグネシウム、食物繊維、鉄分、カルシウム、たんぱく質を多く含むスーパーフードとして人気があります。
チアシードは無味無臭のため、食事やドリンクなど、お召し上がり方は自由自在です。



     フラワーシャワー
人気ブログランキング