こんばんは月

今日は、仙台麩の卵とじ丼を紹介しますかつ丼 ピグ
仙台麩の卵とじドン

材料:

仙台麩、牡蠣、舞茸、玉ねぎ、春菊、玉子、めんつゆ、水

 

作り方:

1鍋に水とめんつゆを入れて、火にかけ、濃いめの味にして舞茸、玉ねぎを適当に切って、洗った牡蠣、仙台麩を入れて煮る。

2煮えたら、適当に切った春菊をちらし、溶き卵でとじる。

3出来上がりスター

 

鳥の羽根ONE POINT

玉子は半熟にすると美味!

 

うさぎ仙台麩は、高タンパクで低脂肪であり、ミネラルやビタミンも豊富です。

タンパク質は筋肉や臓器の構成成分であり、体を作る上で必要不可欠な栄養素です。

ビタミンはタンパク質の働きをスムーズにするための潤滑油となります。

ミネラルは骨や歯の構成成分ですが、ビタミン同様、潤滑油の働きも持ちます麩

 

うさぎ牡蠣は、新陳代謝の促進や、味覚を正常に保つ作用がある亜鉛を豊富に含んでいます。

また、鉄分、銅、ビタミンB12などのミネラル類、ビタミン類を豊富に含みます。

鉄分、銅、ビタミンB12はいずれも貧血の予防の作用があります牡蠣

 

うさぎ舞茸に含まれるエルゴステロールは紫外線に当たるとビタミンDに変化し、カルシウムとリンの吸収を促進させ、骨や歯を丈夫にする作用があるといわれています。

また、舞茸特有の成分であるMDフラクション(舞茸のβグルカン)には免疫を高め、ガンの拡大を抑える作用があるといわれています舞茸フレーク

 

うさぎ玉ねぎに含まれる、香り成分の硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がアップします。

外皮にはポリフェノールの一種であるケルセチンが含まれ、アンチエイジングに役立つそうです玉ねぎ

 

うさぎ春菊は、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、鉄、カリウムなどが含まれています。

独特の香りには、消化促進作用もあるそうです春菊

 

うさぎ玉子は、ビタミンCを除く完全食品と言われる優れものなのです。
皮膚、血管、筋肉を強くするアミノ酸や脳細胞を活発にするミネラル成分、

老化予防や代謝機能をUPする酵素も含まれているそうです生まれたてのひよこ



人気ブログランキング