こんばんは、今日の夕食ですニコニコ

ある日ぃの夕食

メニューは左から、鯖の塩焼きレモン汁かけ、茄子の煮びたし、豚の生姜焼き、ピーマンの醤油炒め、菊花とキュウリと若芽の酢の物、ポテトサラダ、小ネギの味噌汁、漬物3

 

作り方:【鯖の塩焼きレモン汁かけ】

鯖は、焼いたら、酸化させないため、レモン汁をかける。

鯖には血液サラサラ効果があるといわれている、DHA、EPAが豊富ですうお座

 

作り方:【ナスの煮浸し針生姜とミョウガ添え】

ナスの皮を縞模様にむいて、3cmくらいの長さに切り、水につける。フライパンに米油少量熱し、ナスを入れ転がすように軽く炒める。
②鍋に水と白だし適量、牡蠣醤油少々
を入れ煮て冷ます。
味加減はお好みに整える。
味が染みたら、器に盛り、千切りにした生姜とミョウガを乗せる。

 

ふんわりリボンナスはビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。
ナスに含まれるアントシアニン(ナスニン)は血中悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化を予防します。


ふんわりリボン生姜に含まれるジンゲロールは体を温めます。

ふんわりリボンミョウガはリラックスしながら血流を良くします。
ホルモンバランスを整えます。

 

作り方:【豚の生姜焼き】

豚ロース薄切りは2つに折って、小麦粉を軽くまぶして、米油で焼き、すりおろした生姜をたっぷりかけ、焼肉のたれをかけて強火にしてすぐ火を止める。
皿に盛り、出来上がり
星

 

ふんわりリボン 豚肉は、ビタミンB群を豊富に含みます。特にビタミンB1には、疲労、めまい、肩こり、食欲不振、動悸、下肢のしびれ、イライラなどを予防する作用があるそうです。

また、ビタミンB1にはアンチエイジング効果があるといわれ、老化防止に良いとされています夏バテにも良いそうです

 

作り方: 【ピーマンの醤油炒め】

①ピーマンを4分の1に切る。

フライパンにごま油をひき、熱したところにピーマンを入れる。
ピーマンがしんなり(半生)したところにコショウ、牡蠣だし醤油を入れる。
味加減は醤油で調節する。
皿に盛る。

ポイント
ピーマンは半生がおいしい。(色が鮮やかで歯触りが良い)
ピーマンのとっても簡単でおいしい一品です


ふんわりリボンピーマンはβカロテンとビタミンCが多い。
βカロテンは薄暗い所での視力を保ち、皮膚や粘膜を正常に保ちます。
ビタミンCはコラーゲンの生成に必要。免疫力を高める抗酸化作用があり、喫煙者には必要です。
鉄分の吸収にも必要です。

 

作り方:【ポテトサラダ】

ジャガイモと人参は塩ゆでして、適当に潰し、きゅうりとハムを適当に切って、塩、コショウし、カロリーハーフのマヨネーズとシーザードレッシングと砂糖少々を加え、和えました。

 

ふんわりリボンジャガイモには、加熱に強いビタミンCやカリウム、食物繊維が多く含まれています。

 

ふんわりリボン人参には、βカロテンを豊富に含み、免疫力アップや老化防止に役立つそうです。

 

ふんわりリボンきゅうりは利尿作用があって高血圧予防に良い、又ビタミン、ミネラルや食物繊維が
 バランスよく含まれていて、夏バテの改善に効果あり。

 

 

まじかるクラウン今日のハイライト 菊花 菊花とキュウリと若芽の酢の物】 

 

作り方:【菊花とキュウリと若芽の酢の物】 

菊の花をほぐして茹で、水にとってかたく絞る。

キュウリは小口薄切りにして、塩少々で混ぜ、しんなりしたら、水気をよく絞り、戻して切ったわかめと菊を加え、昆布だし入りすし酢で和える。

 

 ふんわりリボン菊は、古来から目に良いといわれていました。

菊花には、ビタミンAが豊富に含まれているため、目の疲れや充血を癒す効果があるそうです。

また、菊花に含まれるフラボノイドの働きにより、目の老化を進行させる成分の生成を阻害する作用もあるので、目のアンチエイジング効果があるといわれています。その他に、菊花には豊富なポリフェノールが含まれ、抗酸化作用により、肌の老化予防に良いそうです。また、ビタミンB1、ビタミンE、アミノ酸などの栄養素も多く含まれ、肌の健康を維持する作用があるので、美肌効果があるとされています。

 

【豆知識】

吹き出物には菊花茶に効果があるそうです。

 

ふんわりリボンわかめは、代謝を活発にするヨウ素が豊富に含まれています。

ぬめり成分であるアルギニン酸やフコイダンは食物繊維の一種で、血圧やコレステロール値の調整に役立つそうです。



         
人気ブログランキング