今日の朝ごはんです割り箸

DSCF0954

メニューは左から・・・

冷奴、ミョウガ、紫蘇、青ネギ


キラキラ豆腐に含まれる、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、お肌の保湿や新陳代謝を促します。

サポニンやレシチンはともに頃手酢テロールチを下げるのに役立つそうです。


キラキラミョウガには、香り成分に消化促進や発汗作用、眠気覚ましといった効果があります。赤い色素成分であるアントシアニンも含まれています。


キラキラ紫蘇に含まれる、香り成分のペリルアルデヒドには、抗菌、防腐作用の他、胃液の分泌を促進させて食欲を増進させる効果があるといわれています。


キラキラ青ネギに含まれる、香り成分の硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がアップするそうです。また、βカロテン、カルシウム、ビタミンK、葉酸などが含まれています。


コールスローとポテトサラダ


キラキラキャベツは、胃潰瘍の予防や改善に有効なビタミンUの他、美肌作りに役立つビタミンC、健康な骨を形成するビタミンKも豊富に含まれています。


キラキラ人参には、βカロテンを豊富に含み、免疫力アップや老化防止に役立つそうです。


キラキラきゅうりは、カリウムと利尿効果の高い成分を含んでいるので、むくみをとる作用があります。


新玉ねぎとわさび菜に鰯の削り節の牡蠣醤油がけ


キラキラ玉ねぎ含まれる香り成分の硫化アリル(アリシン)はビタミンB1と一緒に摂ると疲労回復効果がアップするそうです。外皮にはポリフェノールのケルセチンが含まれています。


キラキラわさび菜には、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、鉄、葉酸、カルシウム、カリウムなどが含まれています。辛み成分にはガン予防効果があるといわれています。


キラキラ鰯の削り節は、良質なたんぱく質やレチノールを豊富に含み、成長を促し、美容や肌の健康に働きかけるそうです。


鯵のなめろう


キラキラ鯵には、DHA・EPAで血液サラサラ。

寄生虫のアニサキスが恐いので、結局、焼いて食べました。


肉じゃが


キラキラジャガイモには、加熱に強いビタミンCやカリウム、食物繊維が多く含まれています。


キラキラ椎茸は、カルシウムの吸収を促すビタミンDが含まれています。

インゲンに含まれるアスパラギン酸は疲労回復に、リジンは免疫力向上に有効とされています。


キラキラ豚肉はビタミンB群を含有。


塩鯖の焼き物と大根おろし添え


キラキラ鯖は、血液サラサラ成分のDHA・EPAを含有。


キラキラ大根は、消化を助ける酵素が含まれています。


キャベツの味噌汁


キラキラコールスローでキャベツを切っているときに出た切れ端を味噌汁の具にしました。


【今日のハイライト】 アニサキス


アニサキスは魚介類の内臓部分に寄生しています。

鮮度が位置てくると実の方へ移行してしまうので、なるべく鮮度の良いうちに内臓を取り除く事が肝心です。

アニサキスを食べてしまうと、中毒症状を起こします。

潜伏時間は2~4時間で、胃に痛みを覚えます。

それが時間とともに痛みが激しくなります。

胃痛薬を飲んでも治りません。

アレルギー反応を起こすこともあります。

蕁麻疹や、湿疹、ひどい場合は、呼吸困難に陥ることもあり、非常に危険な状態になるそうです。

早めに大きい病院へ行く事が必要です。

生魚を食べた後の胃痛はアニサキス症を疑ってみた方が良いでしょう。

アニサキスは、調味料や薬味では死にませんガーン

ドジョウは醤油を垂らすとすぐ死んでしまいますが、アニサキスはどうなんでしょう…はてなマーク



対策としては、70℃以上の加熱または、マイナス20℃以下で24時間の冷凍で死滅することが分かっています。

アニサキスが寄生する主な魚は、鯖、サンマ、イワシ、カツオ、ブリ、アジ、サケ、イカetc…です。


(補足:

寄生虫はアニサキスだけではありません。ご注意を!!)


症状のまとめ
症状

急な胃痛・腹痛が起こる。
(時間とともに痛みが強くなる。)
吐き気や嘔吐を起こすことがある。

発症時間

胃に留まっている場合2~8時間位
腸に留まっている場合数時間~数日

その他

アレルギー症状を起こすことがある。




人気ブログランキング