和洋の取り合わせにちょっと冒険してみました


DSCF0937

材料:
【ホヤの酢の物】ホヤ、すし酢
【和洋寿司】スモークサーモン、生ハム、スズキ、白米、すし酢
【イワシの酢漬け】イワシ、玉ねぎ、唐辛子、唐揚げ粉、すし酢、米油

作り方:
【ホヤの酢の物】
①ホヤは魚屋で作ってもらった方がいいですね。
②1cm幅に切って三杯酢(すし酢でも良い)をかけて混ぜる。

【和洋寿司】
寿司飯を握って生ハム、スズキ、スモークサーモンなどのネタを乗せる。

【イワシの酢漬け】
生イワシは開いてあるものを購入。
両面唐揚げ粉を付けて、米油を熱したフライパンで両面焼き、器に取り、薄切り玉ねぎをのせ、散らし、すし酢に輪切り唐辛子を入れ、一煮立ちさせたものをかける。

ポイント
スモークサーモンの生々しさを取るためにレモンまたは梅酢を少々かけて、混ぜ合わせたものをネタとしてのせる。


ふんわりウイングホヤはミネラルが豊富に含まれています。特に鉄と亜鉛が豊富で、鉄は貧血の予防、亜鉛は味覚を正常に保ち、皮膚や粘膜の健康維持を助ける効果があるといわれています。

タウリンには、胆汁酸やインスリンの分泌促進する働き、血中の悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを増やす作用により、血圧を正常に保ち、心筋の働きを正常に保つ作用などがあるそうです。素晴らしい海の幸です。

 
ふんわりウイングスモークサーモンには、色素成分のアスタキサンチン(抗酸化作用)があり、老化予防、免疫力の低下予防によいそうです。また、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、DHA・EPAなどが豊富に含まれているので、疲労回復やコレステロールを値を下げる働きや動脈硬化、血栓予防等にも良いそうです。

ふんわりウイング生ハムは、悪玉コレステロールを減らし、血液サラサラに良いオレイン酸とアミノ酸が豊富に含まれています。また、高タンパク&低カロリーの美容肉なのです。

ふんわりウイングスズキは、高タンパク、低脂肪、豊富なミネラル類を含有した魚です。DHA・EPAもしっかり含まれ、血液サラサラ、抗血栓作用、認知症の予防改善効果があるといわれています。

ふんわりウイングイワシには、血液サラサラ効果のあるDHA・EPAの他、豊富なカルシウムや鉄分+それらの吸収を促すビタミンDも含まれているため、丈夫な骨や身体を生成する魚です。

ふんわりウイング玉ねぎには香り成分の硫化アリル(アリシン)と硫化プロピルという成分が含まれており、硫化アリルは疲労回復効果とスタミナ増強、安眠を促すので、不眠症にもいいそうです。
硫化プロピルには、血液サラサラ効果の他、毛細血管の拡張による血流改善によって、冷え症の改善、新陳代謝の向上、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防に役立つといわれています。

ふんわりウイングプチトマトは、抗酸化作用が高いβカロテン、リコピン、ビタミンC、高血圧予防に役立つカリウム、疲労回復効果のあるクエン酸が多く含まれています。

星酢は血液サラサラと疲労回復にもってこいの調味料なので、ふんだんに使いました




人気ブログランキング