今日は心理的なものを表す動詞との組み合わせが多い接続詞thatを紹介します。
thatはandの次に
会話でも書き言葉でも同じくらいよく用いられる接続詞です。
thatの基本的な機能は、『動詞や名詞の後のthat節を作る』です。

よく使われる「that節を作る動詞」RANKING

第1位 say
She said that she is busy today.
『彼女、今日忙しいって言ってた。』


第2位 know
I know that he is here.
『彼がここにいるのは分かっている。』


第3位 mean
I mean that you are a liar.
『つまり君は嘘をついているということだ。』

that節の作り方は大別して2つあります。
動詞の直後に来る場合
動詞の直後に来る場合
I think that she likes me. (彼女、僕に気があるみたいなんだ。)

名詞の直後に来る場合
I get the feeling that she likes me. (彼女、僕に気があるような気がするんだ。)

【雑学英語 】
今回は、
マンガ内の擬音語、擬態語の英語訳です

【効果音】
爆発
ドカーン KABOOM
ドーン BOOM
パーンッ POW

銃声
ドゴォォン BLAAM
バシュ ZAP
バンッ BANG

殴打
ドゴッ WHACK, WHAM
バキッ KAPOW
バシッ BIFF

水が跳ねる音
バシャバシャ SPLASH, SPLISH
パシャッ PLASH

笛の音など
ピィーッ TWEET

風の音
ヒュウウウウ WHOOSH, HOWL

走る音
ドドドド TPTPTPTP
パタパタ PITAPAT

ぶつかる音
ドンッ BUMB
ドシン THUMP

【雰囲気】
シャキーン SHWAK
シーン SHHH
キラキラ GLITTER
ドキドキ THROB

今日はここまでです
See You Next Time


    フラワーシャワー
人気ブログランキング



ネイティブとの会話が続かない、自己主張が上手にできない、コミュニケーションが取れない・・・・

それは英語力だけの問題ではなく、英語圏での考え方や文化などが日本とは異なっている事が原因の一つとなっています。

英語圏での文化や考えの背景を英語で学び、コミュニケーション能力を身につける事でネイティブとの会話が自然とできるようになるための6セクションの講座ビデオ形式のトレーニングプログラムです。




英語初心者の方でも学習していただけるよう、英語の文字起こしと日本語訳がついています。
タブレットやスマホでも視聴ができるので、通勤や通学時間を活用しながら学習できます。


ネイティブレベルでのコミュニケーション能力を身に着けたい方にお勧めします。