こんばんは月
今日は和夕食です

P1010419

sss牛肉入りきんぴらごぼう、キュウリとシラスの酢の物、コールスローと豚の焼き肉、オニオンスライス、トマトの輪切り、カキフライ、秋刀魚の塩焼き、キャベツと玉ねぎの味噌汁
です!

【今日のメイン料理】 カキフライ
P1010419
夏の岩ガキの時期が過ぎ、11月~2月ごろの冬に旬を迎える牡蠣。
昔から滋養強壮に効果がある食材とされ、豊富な栄養とまろやかな食感から『海のミルク』とも呼ばれています。
牡蠣は、赤身肉やレバーよりも亜鉛の含有量が豊富で、食品の中でもトップクラスと言われています。
亜鉛は、新陳代謝を促すほか、正常な味覚の保持やスムーズな遺伝子情報の伝達をサポートするミネラルとされています。
また、貧血予防に良いとされる、鉄分、銅、ビタミンB12も多く含んでいます。
銅は、鉄分の吸収をサポートする作用があり、ビタミンB12は造血作用があります。
鉄分は、ビタミンCと併せて摂取すると吸収力が高まるそうです。
牡蠣には、グリコーゲンも豊富に含まれており、運動の際にエネルギー源として活用されるため、
グリコーゲンを定期的に摂取することで運動時のパフォーマンス力の向上や疲労しにくい身体づくりに有効と言われています。また、血糖値を調整する働きもあるそうです。牡蠣のグリコーゲンの含有量は、冬が最も多いといわれ、その量は夏の約10倍と言われています。
その他にも、正常な肝機能の保持、コレステロールや血圧の上昇の抑制、正常な細胞を保つ作用のあるタウリン、歯や骨の形成、細胞の機能調整、代謝の促進に欠かせないカルシウム、マグネシウムも含んでいます。
牡蠣と言えば、厚岸駅の駅弁『元祖かきめし弁当』がありますが、厚岸について記載された17世紀のオランダの文献には、『牡蠣』が厚岸では重要な産物であったとされているそうです。

シェフ【我が家のカキフライの作り方】
1深めのフライパンに米油を注ぎ、180℃に熱する。
2ボウルに玉子をよく溶きほぐし、玉子1個に対し、日本酒を大さじ2杯くらい入れ、よく混ぜ、小麦粉を小さじ1杯くらい入れて、混ぜる。
3小麦粉を軽く塗した牡蠣を2に潜らせて、パン粉をつけて1に入れ、度火が通るまで、余り焦がさないように、4分程きつね色に揚げる。(火を調節してください)
半生だと、食中毒菌が死滅しません。

最近では、海水の温度が高くなり、アメリカで年間200人ほどの死者を出した、人食いバクテリアの一種である『ビブリオ・バルニフィカス』が日本でも感染による死亡事例が報告されているそうです。
それに限らず、ノロウイルスやO157などなど・・・
ご注意ください。


人気ブログランキング   




クレンズダイエット「KUROJIRU(黒汁)」

体の有害ミネラルのみを吸着するヤシ殻活性炭、体を温め、油の吸着に作用する赤松炭、体の毒素を残さず吸着し、血糖値及び中性脂肪抑制効果があるとされているもみ殻由来の炭末色素の3種類の異なる吸着作用がある炭の配合により、体内に溜まった不要な毒素を絡め取り、きれいにします。
また、2種類の乳酸菌と9種類のダイエットサポート成分を配合しております。
初めてご購入の方限定の1箱(1ヶ月分)を送料無料で1960円(税抜)でお届けのプランがございます。