今日は、『~を置く』という意味の動詞putを紹介します。
putは、『手を使ってあるものをある場所に置く』というニュアンスがあります。
例えば、「He put the tea on the table.(彼はテーブルにお茶を置く。)」のように、お茶(tea)という『置くもの』とテーブルの上(on the table)という『置く場所』の2つの要素が必要となります。

よく使われる「put + 名詞」RANKING

第1位 money
Where did I put my money 
『どこにお金を置いたっけ?』


第2位 hand(s)
Put your hands in the air !
『手を上げろ!』


第3位 name
Can I ask you to put my name on the list ?
『リストに私の名前を載せてくれますか?』

putは文脈によって『置く』以外の意味にもなります。
put money in the bankの場合『お金を銀行に置く』→『貯金する』という意味になります。
また、3位にあるnameは、put one's nameで『名前を書く』という意味でよく使われます。

【雑学英語
今日の雑学英語は80年代洋楽から学べる英語フレーズです。

【Karma Chameleon】  Culture Club

Karma Karma Karma Karma Karma
『カーマは』
Chameleon
『まるでカメレオン』
You come and go(×2)
『行ったり来たり』
Loving would be easy
If your colours were like my dream
『もし君が僕の夢と同じ色なら
君と恋をするのも楽なのに』
Red, gold, and green(×2)
『赤、金、緑』

使えるフレーズ
come and go (行き来する、去来する)
Friends come and go, but memories remain.
『友達は変わっても、思い出は残る。』

~would be easy if・・・ (もし・・・だったら~も楽なのに)
Life would be easy if I could marry a millionaire!
『大富豪と結婚できたら人生は楽なのに!』

【Owner Of A Lonely Heart】  Yes

You lose yourself
『我を忘れろ』
No not for pity's sake
『情けはいらないさ』
There's no real reason to be lonely
『孤独に理由などないから』
Be yourself
『自分自身であれ』
Give your free will a chance
『自分の意志にチャンスを与え』
You've got to want to succeed
『成功を追い求めるんだ』

使えるフレーズ
for・・・'s sake (~のために)
Please lend me your money for our friendship's sake.
『友達のよしみでお金貸してくれよ。』

have got to ~ (~しなければならない)
I've got to pass this test.
『このテストに合格しなきゃならないんだ。』

【Time After Time】  Cyndi Lauper

If you’re lost you can look-
『もしもあなたが迷ったとしても、』
And you will find me
『私を見つけられるはず』
Time after time
『何度でも』
If you fall I will catch you-
『もしもあなたが倒れたとしても私が支えて、』
I’ll be waiting
『待っていてあげる』
Time after time
『何度でも』

使えるフレーズ
be lost (道に迷う、途方に暮れる)
例えば、相手の説明などについていけなくなった時に、
I'm lost!
『解りません!』
と表現できます。

time after time(何度でも、くり返し)
My mother tells me the same old story time after time.
『お母さんったら、同じ思い出話を何度もするのよ。』

See You Next Time



人気ブログランキング      フラワーシャワー